医療法人成り

病院、医師もしくは歯科医師が常時勤務する診療所を開設ている場合、都道府県知事の認可を得て、医療法人を設立することができ、医療法人として病院、診療所を運営することができます。

 

したがって、個人開業医のまま診療所等を経営した場合と医療法人として診療所等を経営する場合のどちらが良いかよく検討されます。

 

個人開業医の医療法人化は、①事業展開、②事業承継等、③節税効果のメリットがある一方、①業務範囲制限②社会保険加入③払戻請求権の喪失④運営管理コストの増加⑤税金面の非効率というデメリットがあります。

 

今後の医業経営計画と個人のライフプランを考慮し、医療法人成りのメリットとデメリットを十分理解した上で、個人開業医経営と医療法人経営のどちらが全体的、長期的に適切か具体的にシュミレーションしてみるとよいと思います。

 

医療法人成りのメリット・デメリットは、下記の通りです。

 

医療法人成りのメリット

 

1、事業展開のメリット

2、事業承継、相続対策のメリット

3、節税効果のメリット

 

医療法人成りのデメリット

 

1、業務範囲制限のデメリット

2、社会保険加入のデメリット

3、払戻請求権の喪失のデメリット

4、運営管理コストの増加のデメリット

5、税金面の非効率のデメリット

 

フェイスブック
クライアント様の声
アメブロ